忍者ブログ
架空戦記作成について
[50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログネタもありませんから、
こっちで長々と書いてみましょうかw

オケで架空戦記をする場合、
まさ百翼長P殿と同じく日常パートは紙芝居でいけると思いますが、
戦闘パートがアクションにしてはいかんせん地味なのがちょっと問題ですね。
強化しまくって無双状態にしても、
キャラの動きや幻獣と人間の戦力バランスそのものが拮抗し過ぎてて迫力が無いですし、
「工藤さんは私が守ってあげるわ」とか
上田君をはやかぜに乗せて「早く死なねぇかなー」とか
「自動生成キャラ拝みたいなぁ」とか
そういうプレイヤーのリアルな思考がドキドキするから面白いのであって、
アクション性だけ見てみれば地味な作りでしょう?
この地味さがリアルな感じで面白いのですが、
見てる人達にとってみれば『ツマラン!お前の動画はツマラン!』で終わりそうです。
幻獣がうじゃうじゃと出てきて、
しかも一撃二撃三撃で死んでくれるなら成立すると思いますけどね。
無双とか地球防衛軍みたいに。

逆に言うと、
思わず感情移入してしまいそうなほど
日常パートをドラマチックに展開さえ出来れば、
戦闘パートも視聴者達がドキドキしてくれて
十分に楽しめる物になるんじゃないか、とも思ったり。
でも、こういう考えになってくると、
シナリオが面白いかどうかのガチンコ勝負になってくるんですよね。
Pのアクションの腕前とか、ゲームそのものの派手さとか、
そういうものに全く頼れないというのが難易度高いですw

シリアスでもギャグでも、
とりあえずガンパレシリーズの世界観をそのまま持ってきて
アイマスキャラとガンオケキャラを入れ替えたものを妄想して
それを紙芝居にしてみるってのも面白そうですし、
765プロというかアイマスの世界観をそのままガンパレの世界観に突っ込んで、
アイマスの世界までにも幻獣が出現して
止む無く戦争に巻き込まれてしまう……なーんて設定っていうのも、
パラレルワールドや統一世界観構想的に格好良いんじゃないかとも思いますw


時は西暦2005年。
ただの人間しかいないアイマスの世界。
そこに突如として黒い月が出現、それと時を同じくして
世界各地で幻のように現れては人間を襲い消えていく生物「幻獣」が現れ始めた。
その余りの膨大な数に、各国の軍隊はかなり劣勢に立たされ、
遂に2年後の2007年には世界の8割が幻獣に奪われる事となってしまう。
そこでアイマス世界の日本政府は対応策として、
非戦争国としては破格の法令を発令した。

「徴兵制度の復活」同時に「徴兵制度の大改正」
その名も「徴自衛隊員制度」である。

12歳から2×(にじゅうちょめちょめ)歳までを対象に男女例外無く徴員検査され、
甲判定の体格である男女は即自衛隊員として、
乙判定の男女は予備兵として、
丙判定は徴員を免除される。
という制度だった。

「えー、若者の皆さん、
 我ら人間の仇をしっかりと討つ為に立ち上がって下さい、しかしまた――」
安○総理らしい熱の入った(?)演説も相まって、
最終的には延べ2000万人もの人間が半強制的に自衛隊員とされていく中、
「免除なんて嫌だ! ボクは直接志願してくるっ!」
っと我らが武道派アイドル菊地真が765プロ事務所を飛び出していった事をキッカケに、
765プロのアイドル達&小鳥さんは戦火の渦に巻き込まれていくのだった……。
「第765警備師団 ~青森まこちん伝説~」

~プロローグ~

春香「私達みんな乙や丙判定だったから、アイドル続けられたのに……」←乙判定
雪歩「そうだよ真ちゃん、予備兵なら戦争に出なくても良かったかもしれな――」←乙判定
伊織「もう寒い寒いっ! なんで私達まで真に付き合わなきゃなんないのよ!?」←丙判定
 真 「そんな事、決まってるじゃないか」←ギリギリ丙判定
千早「……どうして決まっているの?」←判定不能
 真 「これが架空戦記だからさっ!」

~プロローグ終了~


……なんつってw
やべぇ、オラワクワクしてきたぞっ!
勿論ただの人間のアイドルがウォードレスを着るわけにはいきませんから、
全員キャリア搭乗縛りでしょう。
そしてただの人間のアイドルが戦車に乗るなら4,5人が必要で、
大型ウォードレスなら2人が必要です。
戦車なら二台(隊長ともう一人出撃)縛り、大型をまぜても三台縛り、
全部大型ウォードレスで四台縛りですか。

っというわけで、
シナリオはかなり応用が利きそうなシリーズですよね。
ここまで来るとiM@S架空戦記シリーズタグじゃなくてタグかもしれません。
それぐらいシナリオを書き込める時間と度胸と勇気とちょっぴりの発言力があれば、
作ってみるのも面白いかな、と思いますよ。

どうしよう。
頭の中では完全に出来上がってきました。
後はシナリオとPS2をキャプチャする環境が揃えば完璧ですね。

でもやっぱり、シナリオが最大の難問だと思います。
プレイヤーと同じレベルで感情移入させないといけないシナリオだなんて、
まるでプロの仕事じゃないですか。
素人がそんなシナリオ書けたら苦労しませんよ。

なので、ガンオケシリーズは私程度には手が出せそうにありませんね。
結局それかいっ!みたいなw
誰かやってくれないかな、765警備師団。



張温伝ですが、
第三十三話の台本を書きたいと思います。
折角買ったガンオケですが、
エンコ中の暇つぶしにしかプレイ出来そうに無いですね。
藤丸地獄変はまた積みゲー棚に強制送還です。

PR

コメント
ゴットスピード、ガンオケ白の章。
まさかブログのネタ自体になるとは…w

それにしても体格判定って…その判定だと「最後にちはまこの二人が残っていれば人類の勝利だ!」ですか。それなんてうちなーP大勝利?www
しかし戦闘シーンあれでも地味とは…GPMで10文字のアルファベットからアニメーションを脳内再生してた自分からすると過剰と思ったぐらいですが。
パンフロよりは派手だから画面下に台詞ウインド常駐で交信し続けるトロツP方式では駄目ですかね?まあどの方式にしても紙芝居パートの出来が左右するからPを選ぶ作品なのは確かでしょうね…

張温伝三十三話作成開始ですか、楽しみに待ってますね~。


【2008/06/24 22:27】 NAME[名も氏] WEBLINK[] EDIT[]
派手さ加減
まだガンパレシリーズには詳しくないので、
体格云々は史実の日本徴兵制度を参考にして見たりw

確かに、GPMの駒を進めている画面と比べれば派手かもしれませんが、アクションゲームとして見れば地味だと思いますよ。
これはシミュレーションに求められる派手さとガンシューティングに求められる派手さの差かと思います。
そして、人それぞれ求めているレベルも違うから一概に地味とも言えませんでしたねorz
でも、トロツP方式で十分通用するでしょう。
私もゆとり戦車隊や地球防衛始めましたみたいな動画に出来上がるのかなと同じく思いましたし。

でも何より問題は脚本ですよねー。
それこそパンツァーフロントならガッチガチの戦争シリアスが鉄板かと思いますが、
ガンパレシリーズは統一世界観構想が良い意味でも悪い意味でも視聴者に期待されると思いますので……。
まさ百翼長P殿にコッソリひっそり期待しましょうw
【2008/06/25 00:49】 NAME[張温P] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
張温P
年齢:
1819
性別:
男性
誕生日:
0198/03/27
職業:
校尉
趣味:
虎狩り
自己紹介:
全国の張温ファン、ごめん。
最新コメント
[09/24 張温P]
[09/20 墓地送り]
[04/02 名も氏]
[04/02 伝令]
[03/30 張温P]